スパイダーマン2(2004年)

前作の続編がスパイダーマン2です。基本的にあらすじとしては悪との闘いになっていますが、登場人物との再会などもあり、濃密な人間模様も描かれています。単純にアクションだけを楽しむだけではない作品が、スパイダーマン2です。

前作「スパイダーマン」から2年後の世界

ハリーの父親であるグリーン・ゴブリンとの闘いを制したピーター。好きだったメリー・ジェーンとの関係は自ら拒否をし、良き理解者で親友だったハリーとの関係にも悩んでいます。そんななか大学生となり、忙しい学生活のなか、市民を助けるスパイダーマンとしての責務を果たしていきます。あらすじはこのようになりますが、スパイダーマン2にも新しい敵が表れます。

核融合プロジェクトによって生まれた怪物

父親亡き後、オクタビアス夫妻を両親のように思っていたハリーですが、悲劇が起きます。核融合の研究者でもあるオクタビアスは実験に失敗し、ドック・オクとなります。その場を収めようとしたピーターですが、その犠牲となったのがオクタビアスの妻です。

ハリーの苦悩は続く

結末としてオクタビアスはピーターに倒されますが、まるで両親のように思っていたふたりを失ったことから、ますますスパイダーマンに対して憎悪を募られていきます。

ピーターも世間に自分がスパイダーマンであることが知られ、一線を退くことを決意します。しかしメリー・ジェーンは、恋人との結婚をキャンセルしてまで、ピーターのことを想います。見どころはもちろんアクションになりますが、けっしてそれだけではないことがわかるでしょう。

見どころは決意したピーターに終わりがまだないこと

結末としてはスパイダーマンが勝つのがこのシリーズの特徴ですが、深く人間模様を描いていますので、ストーリーも楽しむことができます。一線を退くことを決意したピーターですが、終わりがないのは明らかです。もちろん続編がありますので、この3人を取り巻く関係にも着目をして楽しむと良いでしょう。

スパイダーマンシリーズ作品情報