ジュラシック・ワールド(2015年)

ジュラシック・ワールドはジュラシック・パークシリーズの当たらな続編という形で久しぶりに2015年に封切りされた映画です。ジュラシック・パークの世界を踏襲した形で新たに製作されましたので、興行成績が良く、多くの人が映画館に足を運んだようです。ここではジュラシック・ワールドのあらすじについて解説いたします。

新たなテーマパークであるジュラシック・ワールドができる

ジュラシック・パークにおいて起こった事件から22年経って、再び恐竜をモチーフにしたテーマパークであるジュラシック・ワールドがオープンされました。そこにザックとグレイの兄弟は叔母さんで主任であるクレアに会いに行きます。

インドミナス・レックスが大きな目玉となる

ジュラシック・ワールドの目玉となるのは、ティラノサウルスなどの恐竜の遺伝子操作によってハイブリッドな恐竜を生み出そうとしていました。その中の一つとして巨大なインドミナス・レックスです。しかし、そのインドミナス・レックスが隔離施設から逃げ出してしまいます。そこからの行動が見どころです。

ザックとグレイの兄弟は取り残される

クレアはワールド内の半分を閉鎖して立ち入り禁止にしたわけですが、それを知らないザックとグレイの兄弟はそれを知らずに入ってしまいます。そこでインドミナス・レックスに襲われて、必死に逃亡します。クレアと飼育員のオーウェンはワールド内に入り兄弟たちを救いました。

インドミナス・レックスを倒す

セキュリティ部門責任者のホスキンスは恐竜をインドミナス・レックスを倒すための道具として使用しますが、結果的にホスキンスは殺されてしまいます。オーウェンは恐竜を調教する形で対抗しようしようとして、最終的にはインドミナス・レックスが倒されて結末を迎えます。

恐竜同士の戦いはすごいものがある

あらすじに沿った形で、インドミナス・レックスがいろいろと大暴れをしたわけで、最終的には恐竜同士の争いによって暴走を止めることになるところが見どころで、それが結末へとつながっていきます。

ジュラシックパークシリーズ作品情報