ジュラシック・パーク(1993年)

ジュラシック・パークは1993年に封切りされた映画で、恐竜映画の中では最も有名ではないでしょうか。スピルバーグ監督作品でとくに有名な映画で、うまくCGを使って恐竜の迫力を再現していますし、ストーリーも秀逸です。今回はシリーズ第1作目のジュラシック・パークのあらすじについて説明していきます。

ジュラシック・パークの視察に行く

生物学者のグラント博士とエリー博士の元に大富豪のハモンド会長が訪れます。ハモンド会長は古代の恐竜を復活させたジュラシック・パークと呼ばれるテーマパークの視察をしてほしいということで、2人を誘い出します。ここには数学者のマルコム博士とハモンド会長の2人の孫であるレックスとティムも招かれていて、電気自動車2台にそれぞれ乗り込んでツアーに出かけます。

パーク内に取り残される

いろいろとパーク内を廻っているわけですが、レックスとティムは退屈し始めます。そういう中で進んでいったわけですが、パークの安全制御を担当するネドリーが島から抜け出そうとして、故意に安全設備をシャットダウンしてしまいます。そのため、目の前にティラノサウルスが現れて襲われそうになります。

どうやってパークから逃げ出すか?

これから結末に向けて、どうやって恐竜が暴れる中でグラント博士たちは逃げ出すことができるのかということが見どころになるでしょう。制御が切れた恐竜たちをどうにかかいくぐって子供たちも含めて逃げ切る必要があります。エリー博士とマルコム博士は操作室に戻って何とかして電気設備を回復させて、グラント博士と子供たちは何とか操作室に戻りました。突如ヴェロキラプトルが襲ってきましたが、ティラノサウルスがそれを止める形になり、その隙に原因で島から抜け出します。

恐竜たちのリアルさににびっくりする

ジュラシック・パークのあらすじを追っていくにつれて、恐竜たちのリアルさについてびっくりするのではないでしょうか。そういうところが見どころになりますし、結末に向けてより分かってくるでしょう。

ジュラシックパークシリーズ作品情報