ジュラシック・パークⅢ(2001年)

ジュラシック・パークⅢでは恐竜がいる島で少年たちが襲われるという事件が起こります。見どころとしてはどうやって恐竜がいる中で少年たちをどのようにして見つけて救い出して、島から脱出するのかのかというポイントに絞られるでしょう。ジュラシック・パークⅢのあらすじを見どころに沿った形で言及していきます。

恐竜がいる島に訪れる

カービーという実業家に招待される形で、グラント博士はカービーがいる家に招かれて恐竜がいる島に一緒に行ってほしいという風に追われましたが、上陸しないという条件で同行します。しかし、カービーは息子であるエリックを探すために上陸したいわけです。しかし、グラント博士を欺く形になります。結局、恐竜と激突して故障してしまうことにより、上陸せざるを得なくなります。

息子であるエリックを探す

グラント博士は夫のポールと妻のアマンダのカービー夫妻とはぐれるような形で森の中をさまよいましたが、指令センターにいるエリックを見つけることに成功しました。見つけた後に、海でポールとアマンダと合流することができました。

島からの脱出を図る

無事に少年を見つけた一行は島からの脱出という結末にどうやって向かっていくのかというのがポイントです。実はどこからか衛星電話の着信音が鳴っているわけですが、それはスピノサウルスの腹の中からなっているものでした。スピノサウルスからどうにかして逃げたいわけです。

そこでもう一度衛星電話の着信音が鳴りますが、それはスピノサウルスの腹の中から排泄物の中に変わったので、何とか見つけ出すことに成功します。そこで衛星電話をかけて救助を要請すると、島からの脱出に成功するところで結末を迎えます。

恐竜からの脱出がポイント

あらすじから見てみると、ジュラシック・パークⅢではパニック映画の要素が満載になっています。恐竜からどうやって脱出していくのかということが見どころになりますし、それに向けてクライマックスを迎えていきます。

ジュラシックパークシリーズ作品情報