シンデレラ(1950年)

シンデレラは父と母によって幸せに暮らしていましたが、シンデレラの父と母が亡くなってからは、継母と2人の義姉であるアナスタシアとドリゼラが本性を現して、屋根裏の小さな部屋に追いやられることになります。そこからストーリーが展開していきます。

シンデレラは継母や義姉にいじめられる

あらすじとしてはことあるごとに継母と2人の義姉にいじめられるわけです。継母と2人の義姉をどうやって交わして自分が幸せになるのかというところが見どころになります。

ある日、お城から王子の結婚相手を探すための舞踏会が開催されることになります。シンデレラも行きたがっているわけですが、そこでもいつも以上の仕事を命じていかせないように邪魔をするわけです。仕事が終わってドレスが新調できて自分も行けると思って彼女たちを追いかけていきましたが、継母と2人の義姉であるアナスタシアとドリゼラにドレスを破かれてしまいます。

シンデレラに対して魔法をかける

泣き崩れたシンデレラに対して魔法使いが現れて馬車と美しいドレスとガラスの靴を用意してくれることになりましたので、すぐさまお城に向かいます。ただし、夜中の12時になると魔法は解けることになります。シンデレラの美しさに王子はすぐに惚れることになります。12時の鐘が鳴ったのですぐに城から飛び出すことになりましたが、逃げる途中でガラスの靴が片方脱げ落ちます。

王子はガラスの靴を履いた女性を探す

王子はガラスの靴を履いていた女性のことが忘れられなかったので街中を探していて、シンデレラが住んでいた屋敷に現れました。継母の邪魔がありながらも、シンデレラがガラスの靴を履くとピッタリでしたので、お城に無事に迎えられるようになりました。

シンデレラが幸せになってうれしい

あらすじから見ていってシンデレラがかわいそうだなという印象でしたが、王子と結ばれたという結末に関してはうれしいと思うのではないでしょうか。結末としてシンデレラが幸せになったという点が見どころになります。

ディズニープリンセスシリーズ作品情報