ザ・ギフト(2015年)

怖い話というのは、たとえ映画であっても本当に怖いと感じてしまいます。この映画はシンプルなストーリーでありながら、恐怖のシーンを程よく作り上げている作品です。ホラー映画としては、かなり見る価値がある作品ではないでしょうか。

「ザ・ギフト」のあらすじ

サイモンとロビンの2人が、シカゴからロサンゼルスに引越し、新たな生活を始めるところから、この映画の物語が始まります。2人は新たな家族を築くことを目標に新生活をスタートさせます。

近所で買い物をしていると、サイモンの高校時代のクラスメイト・ゴードと出会い、その場で連絡先を交換します。

その後、ゴードからサイモンたちのもとにギフトが送られてくるようになり、ロビンが1人でいるところにゴードが頻繁に訪ねてくるようにもなります。異変に気付いたサイモンでしたが、2人が飼っていた愛犬が行方不明になるなど、不可解なことが起き、それらがゴードの仕業ではないかと思うようになります。そのことで、ロビンの精神は病んでいきます。

「ザ・ギフト」の見どころと結末

ゴードがサイモンとロビンに対して、どのようなことを仕掛けてくるのかが、見どころといえるでしょう。ゴードがサイモンとどんな関係だったのか、なぜ不可解なことをしてくるのかが、話が進むうちにわかってきます。

そのシーンに恐怖を感じる人は少なくありません。実は高校時代にサイモンがゴードをいじめていたことがあり、ゴードがサイモンに仕掛けてきたのはその時の復讐です。最後に送られたギフトはDVDで、そこにはゴードが気を失っているロビンの体を触ろうとしており、その途中で映像が途切れました。

その後、2人の間に子供が誕生しますが、その子供がサイモンの子かゴードの子か、謎に包まれるまま映画は幕を閉じます。

「ザ・ギフト」について

2人を精神的に追い詰める恐怖が、映画を見ている人にも影響を与えます。ゴードが送るギフトが、実はサイモンへの復讐のためだったことで、その恐怖がかなり強いものになります。最後は謎のままというのも、この映画の特長でもあります。