キングコング2(1986年)

キングコングは1933年に公開されて以来、シリーズや続編が公開されているので、どれから観たらいいのか分からないという人も多いかもしれません。なのであらすじや見どころ、結末をチェックして、自分が面白そうと思ったものから観るといいのではないでしょうか?ではキングコング2(1986年)について紹介します。

キングコング2(1986年)ってどんな映画?

キングコングという映画は、多くの映画ファンに衝撃を与えた名作だと言えます。
キングコング2(1986年)は、キングコングの事件の10年後を描いた作品です。

ただし注意点としては、この映画は1933年に公開されたキングコングの続編ではありません。
キングコングはその後、1976年にリメイクされています。
そしてこの映画はそのリメイクが公開されて10年後に続編が公開されたという訳です。

キングコング2(1986年)のあらすじについて

前作でキングコングは髑髏島のジャングルから、ニューヨークに連れてこられて、ビルから落下し死んでしまいました。
ですが、実はキングコングは昏睡状態のまま生きていて、事件から10年後にエイミー・フランクリン博士が巨大な人工心臓を移植する事でキングコングを復活させようとします。

ただ巨大な人工心臓には大量の輸入用の血液が必要で、その血液を用意する事が出来ません。
ちょうどその頃、ボルネオ島を探検していたハンク・ミッチェルは、その島でレディコングに遭遇します。

ハンク・ミッチェルはレディコングを捕獲し、エイミー・フランクリン博士に売ります。
レディコングが手に入った事で、血液の問題が解決し心臓移植が成功し、キングコングは10年ぶりに見事復活を遂げます。

ですが完全な状態ではなく、人工心臓に慣れていないので絶対安静な状態でした。
でもキングコングはレディコングの存在に気づき、レディキングを連れて2匹で逃げ出します。

逃げたキングコングを連れ戻すために、軍隊が出動しヘリコプターで毒ガスを散布します。
そのためキングコングは谷底に突き落とされ、レディコングだけ捕獲されてしまいました。

キングコングは行方不明のまま数ヶ月が経過し、レディコングの妊娠が発覚します。
そして再びキングコングが姿を現し、レディコングを救出するため軍の施設に向かい、レディコングと2人で逃げ出します。
軍隊はキングコング抹殺のために出動し、軍隊がキングコングを見つけた時にはレディコングは出産を終えて、ベイビーコングが誕生していました。

キングコングはレディコングとベイビーコングを守ろうとします。
ですが、結末は軍隊の集中砲撃を前に力尽き死んでしまいます。
レディコングとベイビーコングは、その後ボルネオ島のジャングルで仲良く暮らします。

見どころは軍隊とキングコングの迫力ある戦闘シーンですが、このシリーズ毎回キングコングだけ理不尽なラストのような気がします。

キングコングシリーズ作品情報