ガタカ(1997年)

遺伝子について、皆さんはどう思いますか。人間は生まれた時から遺伝子を持っています。しかし、この遺伝子によって人間が区別される世界に生まれたとしたら、あなたはどのような見分け方をされるのでしょうか。今回は「ガタカ」という映画を取り上げます。

「ガタカ」のあらすじ

旧約聖書の「神の御業を見よ。神が曲げたものを誰が直しえようか」という言葉から、この映画は始まります。映画の舞台は、遺伝子操作で優れた知性と体力を持った「適正者」が多く存在する近未来の世界です。

自然妊娠で生まれたものは「不適正者」とみなされ、適正者よりかなり不利な環境で過ごすことになります。主人公のヴィンセントは、両親の適当な性交渉により不適正者として生まれ、弟が適正者であったことから、子供のころから適正者を見てきた青年です。彼の夢は宇宙飛行士ですが、その仕事は適正者でないとできないものでした。

「ガタカ」の見どころと結末

見どころは、不適正者のヴィンセントが、なりたかった宇宙飛行士に本当になれるのかどうかです。そんな彼にある転機が訪れることで、宇宙飛行士の夢が近くなるのです。DNAブローカーの仲介で適正者の情報を入手したことで、ヴィンセントは宇宙局「ガタカ」の局員になることができました。

しかし、彼に様々な困難が待ち受け、夢が途絶えかける事態になります。そんなことがあっても、彼は困難を乗り越え、彼は不適正者でありながら探査船に乗り込み、宇宙へ旅立つことができたのです。

「ガタカ」について

遺伝子操作によって人間が2種類に分けられる世界で、ヴィンセントは宇宙飛行士の夢をあきらめることなく、何とかその夢をかなえることができました。

それは周囲の人物の協力があってこそで、適正者の情報を入手していなかったら、彼の人生はどうなっていたのでしょうか。子供の時から適正者を見てきた彼にとっては、適正者にあこがれを持っていたことで、宇宙飛行士になることができたのではないかと、考えさせられます。