エスター(2009年)

2009年に公開されたエスターは、子供の恐ろしさを描いたホラー作品となっています。流産によって子供を作れなくなった夫婦が、孤児院で1人の子供を迎え入れて、養子として育てることになりましたが、その子供が少しずつ本性を現していきます。

エスターのあらすじと結末

アメリカで暮らしているケイトは、夫のジョン、娘のマックス、息子のダニエルと4人で暮らしていました。そして、3人目の子供を出産する予定だったのですが、流産を余儀なくされてしまいます。

ショックから立ち直るべく、孤児院の子供を養子として迎え、第三子として育てようと考えました。そこで、エスターという女の子と出会い、他の子が外で遊んでいる中、彼女だけは一人で静かに絵を描いていました。

ケイトとジョンは、エスターを養子にすることを決め、家族として迎え入れました。とってもジョンに懐いており、凄くいい子だったエスターでしたが、徐々にケイトに対して挑発的な態度を取ることになります。

その行動や言動から、明らかに9歳とは思えず、奇妙に思いつつも個性だと思って育てていきました。しかし、ジョンに対してはいい子を演じ、ケイトの言うことは一切聞かず、マックスとダニエルを脅したりするなど、どんどん行動が過激になっていきます。

その後、ダニエルがエスターによって大怪我を負わされてしまい、集中治療室に運ばれます。病院から帰ったジョンは、エスターから愛情を求められ、最後は殺されてしまうことになります。ケイトは、マックスを助け出しエスターを池に突き落とし、惨劇を終わらせることができました。

実は、エスターは見た目は子供なのですが、年齢は33歳だったのです。体が大きくならない病気を持っており、これまでいろんな家庭の養子になっては、旦那を奪おうとして失敗をすれば殺していたのです。

エスターの見どころ

子供であり大人でもあるエスターは、自分の病気を逆手にとって、家族を崩壊させて旦那を自分のものにしようと考えていることから、ホラー映画でありながら、どこかリアリティを感じる作品となっています。