インクレディブル・ハルク(2008年)

アイアンマンやインクレディブル・ハルクは、どちらもアメリカンコミックを原作とした実写化の映画で、マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズと呼ばれています。
ではインクレディブル・ハルク(2008年)がどのような映画なのか、あらすじや結末、見どころを紹介していきます。

インクレディブル・ハルク(2008年)ってどんな映画?

インクレディブル・ハルクは2008年に、アメリカで公開されたSFアクション映画です。
ある実験が原因で興奮すると緑の巨人・ハルクになってしまう科学者のブルースが主人公で、ハルクは治療法を探しています。
そんなハルクを軍の特殊部隊が捕まえようと追いかけ、特殊部隊の1人がハルクと対等に戦えるためブルースと同じ力が与えられます。
ですが彼は自分の力をコントロールする事が出来ずに、暴走してしまうストーリーです。

インクレディブル・ハルク(2008年)のあらすじについて

兵士強化実験の研究を行っていた科学者のブルースは、自分自身で人体実験を行い、失敗した結果、怒ると緑の巨人になってしまい、軍から追われる身になりました。
ブルースは軍の追ってから逃げながら、必死に治療法を探しますが、なかなか見つけられません。

そんなある日、ブルースは潜伏先のジュース工場で働いていた時に、手を切り、血液がジュースに混入してしまいます。
その血が混入したジュースが出荷され、それを飲んだ人がガンマ線に汚染されてしまいます。
その事故がきっかけに、軍はブルースの居場所を特定します。

そして軍の特殊部隊のブロンキーがブルースと同じ緑の巨人になる力を手に入れます。
ブルースが恋人のベティ・ロスと再会し研究資料を大学で探している時に、ブロンキーが攻撃をしかけてきます。
ブルースとベティ・ロスはブロンキーの攻撃から逃げ、協力者であるブルーの力を借りて、治療に成功します。

ですが治療に成功後に軍に捕まり、移送されます。
ブロンキーはハルクの力に魅せられてさらに強くなろうと培養液を注入し、アボミネーションに変身します。
ですが力のコントロールが出来ず暴走します。
暴走したアボミネーションを鎮めるために、ブルースは、もう一度ハルクに変身し、死闘を繰り広げた結果、ハルクが勝利します。

結末は、再びハルクとなったブルースは、逃亡生活を送りながら変身しないように修行し力をコントロールし、
特殊部隊の責任者・ロス将軍は今回の事件が原因で、立場を失いとあるバーで問い潰れている時に、トニースタークが現れ、あるチームの編成の話をもちかけます。

見どころは、アボミネーションとハルクの巨人同士の死闘ですが、映画アイアンマンのファンにとっては、トニーの意味深なラストでしょう。この先のシリーズに含みを持たせる展開です。

マーベルスーパーヒーローシリーズ作品情報