アルゴ(2012年)

2012年にアメリカで公開された映画、「アルゴ」をご存じでしょうか?
この映画は、1979年~1980年にかけて起こった、在イランアメリカ大使館の人質事件がモデルになった作品です。
最初から結末まで目が離せない内容になっています。
ここでは、人気の映画「アルゴ」を紹介します。

アメリカで公開された「アルゴ」について

アメリカで人気の映画「アルゴ」は、1979年から1980年にかけて起こった、在イランアメリカ大使館人質事件がモチーフになっていいます。
ベン・アフレック監督が手掛けたことでも話題になっており、第85回アカデミー賞作品賞を受賞したことは記憶に新しいところです。
実際に見た方も多いと思いますが、まだの方のためにあらすじを紹介しましょう。

「アルゴ」のあらすじについて

1979年に起こったイラン革命の最中に、反体制勢力である、シーラ派の民主主義革命が過激化していきます。
そこでは国王のパーレビは追放され、ガン治療という名目でアメリカに入国します。
この国王の受け入れに対してイスラム法学校の学生たちは反発し、テヘランのアメリカ大使館を占拠しました。

その際、大使館にいた6人のアメリカ職員たちが脱出に成功し、近くに住んでいるカナダ人大使夫妻の自宅でお世話になります。

その後、アメリカ政府はこの6人の職員たちの存在を知ることになり、CIAトニー・メンデスに協力要請して救出作戦をはじめます。
しかしこのアメリカ大使館の存在が、イラン新政府バレルと彼らの命は危険にさらす可能性があります。

ですので、作戦は慎重に行われました。
救作戦として、農民や外国人教師の視察を装って入国する作戦を計画もありましたが、どれも実行には至りませんでした。

このように話は展開していきますが、最後は、17年間機密扱いである事実を口外しないことを政府から命令されます。
結末が楽しみな作品です。

「在イランアメリカ大使館人質事件」をモデルにした作品です

アメリカで人気のある「アルゴ」、最初から最後まで見どころ満載の作品です。
CIAのトニー・メンデスの行動に注目が集まります。
みなさんも一度ご覧になってみてください。