アリス・イン・ワンダーランド(2010年)

誰もが知るルイス・キャロルの児童文学「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」を実写化した映画です。ディズニーということもあり、見どころのひとつは原作に出てきた不思議な出来事をリアルに再現した点です。とはいえ小説のあらすじを知らなくても十分に楽しむことができます。

アリスが現実から逃げ出す

主人公のアリスが19歳になり、騙されて自身の婚約パーティーに参加したシーンから始まります。状況を受け止めることができずパニックに陥り、パーティーから逃げ出します。すると13年前に見た、チョッキを着た白ウサギを見かけます。

ウサギを追って、かつて訪れたワンダーランドへ向かいます。そこではマッドハッター、チェシャ猫、懐かしい面々と再会します。しかし大きく違っていたことがあります。それは白の女王の姉である赤の女王に支配される暗雲垂れ込む恐怖の世界に変わっていたことです。

アリスが救世主として立ち上がる

本来アリスにとってはどうでもよい話ですが、自分が預言の書に記されている救世主であることを芋虫のアブソレムから教えられます。そこでマッドハッターらワンダーランドの人たちと協力し、明るい世界を取り戻すべく赤の女王との闘いに向かいます。

赤の女王は怪物ジャバウォッキーを使って戦いますが、アリスは子供の時に父から教わったおまじないをつぶやきながらヴォーパルの剣で怪物の首を落とし、赤の女王から王冠を取り戻します。白の女王に未来を託し、再び平和が訪れました。

現実の世界に戻ることを決意する

マッドハッターら仲間から、この国に残らないかと言われます。しかしアリスは、今回の戦いで強い女性へと成長しました。現実に戻ってやらなければならないことを知っていたのです。そこでジャバウォッキーの血を飲み現実世界へ戻りました。

結末はハッピーエンドと誰もが疑っていませんが、最後までハラハラさせる点が見どころです。現実の世界に戻ったアリスは婚約を了承するのでしょうか。いいえ断ります。そして船に乗り新たなリアルな世界へと進んでいくのです。

ラストもハッとさせられます

映画には様々な伏線が張られています。一度見ただけではあらすじが追えないかもしれません。例えば出航するアリスの肩に1羽のチョウが、それは羽化したアブソレムだったのか。結末をはっきりさせていないので、続編が期待されます。

アリス・イン・ワンダーランドシリーズ作品情報