アラジン(1992年)

アラジンという映画は魔法のランプを使ってどうやってアラジンが幸せになっていくのかというのが見どころになります。魔法のランプというのはランプを触ると3つの願いをかなえるわけですので、それによって物語の展開が左右されていくことになるでしょう。ここではアラジンという映画のあらすじについて紹介していきます。

アラジンが魔法のランプを手に入れる

王女のジャスミンが城を抜け出したときに幸いにもアラジンが助けて、彼の寝床にいたところ、アラジンは王女を誘拐した罪で捕まることになるわけですが、実はジャファーがアラジンに魔法のランプを盗んでほしいという風に仕掛けた策略です。その策略に乗ってアラジンは魔法のランプを手に入れることに成功します。

アラジンは王子になってジャスミン王女と近づく

アラジンは第1の願いとしてジャスミン王女と近づくために王子になることを決めました。サルタン王は王子と王女を婚約させようとしましたが、ジャファーはそれに反対してしまいます。そこでジャファーの手下に捕まって海へと沈められます。しかし、ランプの精霊であるジーニーに第2の願いとして救われることになります。

ジャファーと戦うことになる

実はジャファーがランプを盗み出しました。ジーニーの新たな主人がジャファーになるわけです。アラジン扮した王子とジャスミン王女の婚約発表の場を壊してしまいましたし、魔法の力でアラジンを雪国に飛ばして、サルタン王とジャスミン王女を鎖でつながれてしまいます。最終的にはジャファーがランプの精霊となって、アラジンに閉じ込められます。結果的に魔法が全て解けて、アラジンとジャスミンが無事に結ばれたところが結末です。

アラジンの行動自体が面白い

アラジンという映画のあらすじは以上のとおりですが、アラジンが魔法のランプを使ってジャファーの邪魔をどうやってかいくぐるのかというのが見どころになるでしょう。アラジンが願っていたことが無事に達成されたところで結末を迎えます。

ディズニープリンセスシリーズ作品情報