アメリカン・スナイパー(2014年)

「アメリカン・スナイパー」、この作品に魅了された人も多いことでしょう。
みなさんの中にも実際に鑑賞した人がいると思います。
ここでは、2014年に公開された、「アメリカン・スナイパー」を紹介します。

「アメリカン・スナイパー」について

「アメリカン・スナイパー」は、2014年にアメリカで製作された伝記映画です。
イラク戦争に4回携わったクリス・カイル著の自伝、「ネイビー・シールズ最強の狙撃手(英語版)」が原作になっています。
また、脚色はジェイソン・ホール、監督はクリント・イーストウッドで、ブラッドリー・クーパーが主演を務めています。
この作品は、イーストウッド監督の作品の中では初となる、IMAXとドルビーアトモス対応作品として話題になっています。

「アメリカン・スナイパー」のあらすじ

クリス・カイルは、同時多発テロにショックを受けていました。
このテロが起こったことで、祖国を守るために貢献したいとの思いが強くなります。
そのために、クリス・カイルはネイビー・シールズで行われている、過酷な訓練に毎日励みます。
その後、クリスはイラクに出征することになりますが、今まで鍛えた狙撃の精度が向上したことで、現地では味方の窮地を何回も救います。
そして祖国に帰国し、ようやく愛する妻と生まれたばかりの子供と一緒に平和な生活送るはずでしたが・・。
結末がどうなるのか気になります。
「アメリカン・スナイパー」は、米海軍のエリート部隊として活躍した、伝説の狙撃手、クリス・カイルの回顧録です。
クリント・イーストウッド監督のもとで、見事に映画化されました。
仲間の命を救うため、何と160人以上もの敵を射殺した彼の葛藤、そして苦悩を感じる取ることができます。
見どころの多い、オススメの映画です。

イーストウッド監督手掛ける戦争アクション作品です

2014年に公開された、「アメリカン・スナイパー」を紹介しました。
イーストウッド監督手掛ける戦争アクション作品として、世界でも話題になった作品です。