アバター(2009年)

未だ破られる事のない世界興行収入記録を持つアバター。
監督はタイタニックやターミネーターのジェームズキャメロン。
そしてこの映画のキャッチコピーは「観るのではない。そこにいるのだ。」というもの。

本作を見ていただければその言葉の意味がわかります。

アバターあらすじ

このあらすじはネタバレを含みます。

舞台は近未来の世界、そこで人類は大きな文明を築きあげていました。
しかしそれと同時に地球上の資源は底を尽きようとしており人類はこの不足した資源をどうにかしようと、地球外に目を向けていました。

そこで見つけたのが惑星パンドラ、このパンドラには大変豊富な資源がありました。
しかしこの惑星には空気がなく、ナヴィという住民がすでにパンドラに住んでいました。

ナヴィの皮膚は青く身長は3メートル程、目は大きく猫のような鼻を持つ種族でした。
人類は平和に事を進め、なんとかナヴィに資源を譲ってもらえないかと交渉をしようとします。
しかし空気のないこの惑星で人類は生きて行く事ができません。

そこで人類はアバターという技術を作り出しました。
このアバターはナヴィと同じ生命体を人間が遠隔操作をするという技術。
これによりナヴィと交渉が出来るようになりました。

しかし予定していたアバターを操作する人物が、事故により突如命を落としてしまいます。
この最先端技術のアバターには莫大な費用もかかっています。
これを無駄にするわけには行かないと、操作をするはずだった人物に最も近いDNAを持つ者として、弟のジェイクが選ばれました。

軍人だったジェイクは、戦争で両足を失い歩く事ができませんでした。
しかしこのアバターは神経で操作をするので、ジェイクは自由に動き回る事ができるのでした。
それを聞いたジェイクはナヴィとの交渉に協力する事を約束しました。

そしてパンドラの地を踏む事になったジェイク。
はじめはナヴィに受け入れてもらえないジェイクでしたが、少しずつ彼らに馴染んで行きました。
彼はその中でネイティリという女性のナヴィに出会います。

ジェイクはナヴィの暮らしや文化に触れ、ジェイクの心はすっかりパンドラとナヴィのものになっていました。
一方交渉が進まない事に苛立ちを覚え、ついに人類は強行手段に出ます。
その一報を聞いたジェイク、しかし彼はその作戦に納得できずネイティリとナヴィ達に全てを伝えました。

ナヴィ達はジェイクを拒絶しました。
ジェイクは助けたい一心で軍の作戦と戦法をナヴィ達に伝えるのでした。
そしてジェイクはナヴィ達をまとめ人類と戦います。

軍人だったジェイクは今までの経験も生かし、ナヴィと共に見事勝利を収め結末を向かえるのでした。
その後ジェイクは、ナヴィが信仰しているエイワという不思議な力を持つ木によってナヴィ人となり、パンドラでネイティリと暮らしていくのでした。

アバター見どころ

見どころはやはりVFX技術と映像の美しさではないでしょうか。
第82回アカデミー賞では、撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門を受賞。
日本では5日間で13億円を稼いだ作品。そして未だに破られていない世界興行収入記録。

これから見るという方は、DVDではなくBlu-rayの高画質でその世界観を見る事をお奨めします。