アイ・アム・レジェンド

「アイ・アム・レジェンド」は2007年にアメリカで公開された映画です。
古典的名作の「地球最後の男」を原作に、ウィル・スミス主演で映画化されたSFアクションです。
ではアイ・アム・レジェンドのあらすじ、見どころ、結末について簡単に紹介していきます。

アイ・アム・レジェンドのあらすじについて

映画の舞台は2012年の廃墟化したマンハッタン。
主人公のロバートは、自宅の地下室で抗体ワクチンの研究をしています。

なぜマンハッタンが廃墟化したのかというと、3年前にがんの治療のために開発されたウイルスが暴走し、ウイルスに感染した人は凶暴化しダーク・シーカーと呼ばれる生き物に変貌を遂げてしまったためです。
その暴走したウイルスのせいで、人類は滅亡の危機に瀕していました。

ロバートも妻子を失い、自分と同じようにウイルスの免疫を持って生き延びている生存者の存在を信じながら、ワクチンを完成を目指していました。

そんなある日、ダーク・シーカーに襲われている女性と少年をロバートは救助します。
彼女らはサンパウロの赤十字の避難船に乗っていたため感染を逃れていました。
そしてロバートに生存者がいる村に避難する事を勧めますが、彼はウイルス発生地でワクチンを作り続ける道を選びます。

彼女と少年を助けた事で、ロバートの住居がダーク・シーカーにバレてしまい、大勢のダーク・シーカーを前に、全く歯が立たない上地です。ロバートと彼女は地下の研究室に逃げ込み、ギリギリ抗体ワクチンが完成し、ロバートは彼女と少年を守り死んでしまいます。ですが抗体ワクチンを完成させ彼女と少年を守った事で、人類滅亡の危機を救った男として伝説に名前が刻まれました。

アイ・アム・レジェンドの見どころと結末

アイ・アム・レジェンドの見どころは、ダーク・シーカーと戦いながら、抗体ワクチンを完成させ、自分は犠牲になっても彼女と少年を守り抜いたラストシーンでしょう。
人類滅亡の危機を救った訳ですから、まさに「レジェンド」と呼ばれるのにふさわしい生き方だったと思います。