それでも夜は明ける(2013年)

2013年に公開された「それでも夜は明ける」、感動する場面が多い作品です。
黒人ヴイオリン奏者のソロモンが拉致された後、実際に解放されるまでの12年間の生き様が見どころです。
ここでは、「それでも夜は明ける」のあらすじなどを見てみましょう。

「それでも夜は明ける」について

映画「それでも夜は明ける」は、2013年に公開されたアメリカとイギリスの歴史ドラマを映画化した作品です。
この作品は、1853年に発表された、黒人ソロモン・ノーサップによる奴隷体験記が原作になっています。
ソロモンは解放されるまでの12年間、ルイジアナ州にある、とあるプランテーションで労働していました。
このように、黒人ヴイオリン奏者のソロモンが拉致された実話を元にした作品であり、どんなにつらい状況であっても、それを乗り越えてきたソロモンに感動した人も多いのではないかと思います。

「それでも夜は明ける」のあらすじについて

主人公である「ソロモン・ノーサップ」は、妻や子供たちと一緒に毎日幸せな日々を過ごしていました。
彼はーバイオリン奏者として、家族の生活を守っていました。
そんなある日、友人に紹介された2人組から、自分たちが主催している巡回ショーへの参加を誘われます。
しかし、それは架空のものであり、打ち合わせのために3人で食事した際に、ソロモンは睡眠薬で眠らされました。
目覚めた時、彼は暗い部屋の中におり、手と首は鎖で繋がれた状態になっていました。
ソロモンはジョージアの奴隷逃亡者という肩書きに変わっており、そのまま他の奴隷と一緒に収容所へ移送されてしまいます。
そして移送先の収容所で、彼はクレメンスという奴隷と、娘を連れていたエリザという母親の奴隷に出会いました。
その後の展開、結末が楽しみなところです。

黒人ヴイオリン奏者、ソロモンに感動します

2013年公開の「それでも夜は明ける」、上記であらすじを紹介しましたが、続きが気になる方も多いことでしょう。
黒人ヴイオリン奏者である、ソロモンの生き方に感動する人も多いようです。