私の名前はキム・サムスン(2005年)

私の名前はキム・サムスンは2005年に韓国でヒットしたドラマです。

視聴率は50パーセントを超えたと言われるドラマだけに知っている人も多いのではないでしょうか。

キム・サムスン(キム・ソナ)、ヒョン・ジノン(ヒョンビン)が繰り広げるラブコメディーです。

私の名前はキム・サムスンの見どころは?

今ドラマ、絶世の美女というわけでもなく、どこにでもいそうな平々凡々の女性が若くてハンサムな男性と恋愛をすることになりなす。

かなり現実場慣れしているのですが、そのロマンスを現実的に描いているドラマです。

アメリカ映画のブリジット・ジョーンズの日記という映画がありますが韓国版のブリジット・ジョーンズの日記とも言われているほどです。

日本でもこのドラマをきかっけにして急上昇したヒョンビンが主役です。

「私の名前はキム・サムスン」のあらすじ

美人でもなければ、細くてスタイルが良い訳でもない、オールドミスと言われるパテシエのサムスンは、お金を持っていて、見た目にイケメンなのに、性格の悪いジノンのレストランで働くことになります。

ある日、サムスンは男性とお見合いをすることになるおですが、その隣で偶然にもジノンがお見合いをしていました。

自分は見合いなどしたくはなかったので逃げるために、サムスンと恋人のふりをしたジノン。

サムスンにとっては相手は良いお見合い相手だったのに、ジノンのせいで、素敵な男性を逃したので泥酔してしまいます。

ジノンは自宅にサムスンを連れて行くのですが、契約恋愛をしないかと提案するのですが・・・。

本当にどこにでもいる普通の、安心できる女性を案じているキム・ソナ。

ちょっとダイエットしたほうがいいんじゃないの?と思える体型で出演しているのですが、それもご愛嬌。

次の話がとても気になる展開で、次の話まで待てなくて次々に見てしまう人続出です。

豚のぬいぐるみも可愛いので、購入した人も多いほど人気を集めたドラマでした。

パテシエと経営者の爽快シンデレラストーリーです。