グレイズ・アナトミーシリーズ(2005年)

グレイズ・アナトミーシリーズの見どころやあらすじをここでは見ていきたいと思います。このドラマはアメリカで放送されたテレビドラマです。デスパレートな妻たちの後続枠で放送されていました。かなり安定した視聴率をとっていたドラマです。

タイトルはグレイの解剖学

タイトルはグレイの解剖学を文字って作られました。シアトルの大病院で働いている外科医の仕事と恋愛や日常生活、仕事に対しての苦悩と成長を描いています。物語はインターンとして働くところからスタートしています。

やはり見どころは、人間模様や苦悩等ではないでしょうか。主人公のメレディスグレイも共感が湧くと人気です。

主なあらすじは?

見どころはたくさんありますが、やはり色々な衝撃や試練が主人公たちを待ち受けているところがこのドラマのあらすじです。

仕事に奮闘している彼ら、そして恋愛にも一生懸命な外科医たちの姿というのは見ていて気持ちがいいものです。

シーズンはかなり続いていたのですが、圧倒的なリアリティで描かれていることが人気の理由です。最先端医療の現場で働いているERに次々に様々な患者が運ばれてくるのです。

パーティーで喧嘩をしたことで頭にナイフが刺さったまま運び込まれる人もいますし、肺の中に入り込んだもみの木の目が育ってしまって呼吸困難に陥っている人もいるでしょう。

これまでに見たことがない症例の患者たちが次々に運ばれてくるのです。見たことがない症例の患者たちが運び込まれますが、彼らはその度に、一生懸命に彼らの命を救おうと奮闘しています。

ほぼ一話完結で話が完結しているので、それも見どころの一つといってもいいでしょう。医師の間で生まれる人間関係の模様が手に取るようにわかるドラマです。

移籍したりチームが変わったり

医師が別のチームに移籍したり、チームが変わったり忙しい中での急患への対応もあり、とても見所満載のドラマです。病院理事の後釜を巡る争い等もあります。