アメリカン・ホラー・ストーリー(2011年)

アメリカン・ホラー・ストーリーは各シリーズが独立した設定の舞台やストーリー、キャラクターを持っていますので、どのシリーズ絡み始めても構わないです。2011年に第1シリーズが始まってから現在まで第6シーズンまで終了しており、第7シーズンまで予定されています。こんなにシリーズが放映されていますので、相当人気があることが分かります。

第1シリーズの舞台となっているのは

各シリーズで舞台背景が違っていますので、それぞれで面白さが違ってきます。第1シーズンは呪いの館ということで、そこに引越ししてきたハーモン一家が恐ろしい出来事に遭います。主人公である妻のヴィヴィアンは夫との関係を修復しようとしていますが、亡霊たちが住み着いています。あらすじとしてはこれからヴィヴィアンは亡霊にレイプされて出産します。

第2シリーズ以降の舞台となっているのは

第2シリーズは罪人を収容する精神科病棟が舞台で、第3シリーズは魔女狩りを生き延びた魔女たちが済む寄宿学校が舞台で、第4シリーズは見世物小屋の劇場が舞台となっています。第5シリーズは拷問するために建てられた亡霊が住み着くホテルが舞台で、第6シリーズは実在のロアノーク植民地が舞台となっています。そこでいろいろな出来事が起きていくところが見どころになります。

興味があるシリーズから見ればいい

シリーズ物であれば第1シリーズから見始めないといけないという風に思いがちですが、アメリカン・ホラー・ストーリーは各シリーズごとに物語が完了しますので、自分が見たいシリーズから見ることができます。その中にホラーのお約束事などもありますので、ホラー好きであればそういうところが見どころになるでしょう。

シリーズによってカラーが異なる

アメリカン・ホラー・ストーリーは第1シリーズから第6シリーズまであり、呪いの館やホテル、精神科病棟などホラー作品の定番の舞台があります。各シリーズのあらすじを追うと、舞台を見ているような感じになります。