アウトキャスト シリーズ(2016年)

アウトキャストシリーズは2016年のシーズン1から始まって、現在ではシーズン2まで放映されています。シーズン1もシーズン2も悪霊をどうしたらいいのかというような問題に集約してきますので、そこのところが見どころでもあるでしょう。いろいろな問題が起こってくるわけですが、すべてつながってくるという展開になっています。

カイルが悪霊と戦っていく

この主人公であるカイルは悪霊に取りつかれた母から虐待を受けます。小さいころから悪霊の存在に苦しんできたわけです。カイルの周りに悪霊はどんどん現れてきます。ここでカイルはアンダーソン牧師の除霊に協力することになります。あらすじによると悪霊たちをどうやって戦うのかというのがポイントになっていきます。

悪霊たちはしばしばカイルのことを襲っていきますが、そういうカイルの存在のことをアウトキャストだと呼ぶわけです。なぜかイルのことをアウトキャストと呼ぶのでしょうか。

人間ドラマが垣間見れる

街の中で出くわした悪霊騒動によって、カイルは自分の過去とも向き合うようになります。幼少期からのつらい経験によって心に闇を抱えるようになるわけですが、悪霊が襲っているというところから牧師と一緒に除霊をすることになります。そのことによって避けていた世間とのかかわりを持ちます。

悪霊との付き合い方に悩んでいたカイルは結局のところ除霊をするために悪霊と戦っていくことになります。その時の自分との闇とも向き合うような形になりますので、結果的に過去とも向き合います。カイルと悪霊との関係性はどうなのかという点においても見どころになっていくでしょう。

カイルと悪霊との関係が見どころになる

アウトキャストシリーズのあらすじを眺めてみると、カイルと悪霊の関係がどうなのかということの一点が見どころになるでしょう。カイルは悪霊に悩まされるわけですが、最終的にはその悪霊たちを除霊することになります。それはカイルに何らかの使命があるということでもあります。