JIN -仁-(2009年)

JIN-仁-は2009年にTBSテレビの日曜9時に放映されたドラマで、現代に住んでいる医師が幕末にタイムスリップした医療ドラマと言えます。医療ドラマでありながら恋愛要素もありましたので、見どころが満載のドラマで、当時の視聴率も高かったです。

幕末で近代医療を実現する

このドラマの主人公は現在から幕末にタイムスリップした脳外科医の南方仁です。幕末の時代ですから侍たちが斬り合いをしているところ、瀕死状態の侍を現代から持ち込んだ医療知識で救うことになります。幕末の人々を救うために現代から持ち込んだ医療知識と咲を中心とした人々の協力で近代医療を実現することになります。それが主なあらすじで、毎回不治の病と言える病気を現代の知識を使って治していくわけです。

最愛の女性と同じ顔をした女性との出会い

南方仁には現代に未来と呼ばれる女性と付き合っていました。しかし、幕末で坂本龍馬に出会った時に野風と呼ばれる花魁と出会ってしまいます。野風というのはどう考えても未来と同じ顔をしていましたので、先祖なのかなというのは想像に難くないです。野風の未来を変えてしまうと、未来の未来も変わる可能性がありますので、そこで南方仁は悩んでしまいます。

仁は咲と結ばれるのか?

このドラマの見どころに一つに当たるのがずっと診療所で支えてくれた咲との関係ではないでしょうか。確かに仁は彼女がいるわけですが、咲との関係も見過ごせないようになっています。咲は確かに仁が好きなのですが、咲にも縁談の話があります。2009年の第1シーズンではそこのところがうやむやに終わりましたが、2011年の第2シーズンでは咲との関係やタイムスリップのなどと言ったものが解明されていきます。

タイムスリップ物ならではの面白さがある

このドラマのあらすじを追っていくとタイプスリップ物ならではの面白さが垣間見ることができます。幕末の歴史上の人物が出てきたり、不治の病となる病気を仁が何とかしようという心意気などが良かったのではないでしょうか。