逃げるは恥だが役に立つ(2016年)

逃げるは恥だが役に立つというドラマは2016年の10月クールでTBSで放映されました。タイトルが長いので逃げ恥という風に言われていたドラマで、津崎平匡として出演していた星野源さんの恋という主題歌とそれに合わせて踊っている恋ダンスが大変流行ったことでも注目されました。

契約結婚を持ちかける

逃げ恥の主な登場人物は大学院を出ながら派遣社員になってしまった森山みくりとシステムエンジニアの津崎平匡になります。このドラマでポイントになるのが家事代行サービスによって津崎のところで働いている森山みくりが津崎に対して就職としての結婚を持ちかけて津崎がそれを認めたということです。

実際には好きではありませんので、周りの人たちに対してどうやって結婚したように見せるのかということが見どころになります。

不思議な結婚生活を送る

実際は契約結婚になりますので、2人はどうしてもよそよそしさを感じるわけです。そのよそよそしさに関して怪しいという風に思う人がいるわけです。そういうことを感じさせないように火曜日はハグの日みたいなイベントを入れていきます。

いろいろと周りに対して親近感を出すためにいろいろな決まり事を入れていくにつれて、2人の間にだんだん本当の意味で恋愛関係が出てきたりします。あらすじを追った時にだんだん2人の関係がどうなるのかというのも見どころになるでしょう。

森山みくりの心境も変わっていく

森山みくりは大学院を出たわけですが、派遣社員として契約結婚をしているわけです。契約を結んで結婚をしているわけですので、最初の頃は就職のために結婚をしたとも言えるわけですが、最終的にあらすじを追うにつれて森山みくりの間にも心が動く場面が来ます。

2人の間の結婚生活はどうなるのか?

このドラマでは契約結婚という形で森山みくりと津崎平匡が結ばれるということですが、2人の間にだんだん別の感情が生まれてきます。周りのことを考えて親近感を出そうとしたわけですが、いろいろ結婚について考えることになるでしょう。