真田丸(2016年)

真田丸は2016年のNHK大河ドラマで、三谷幸喜さんのオリジナル脚本です。主人公は真田一族の中の真田幸村(信繁)が主人公です。真田というのは戦国期の武将の中でもとっても人気があり、真田幸村の人生自身が大きなドラマとなって描かれていきます。真田家について興味がある人はオススメのドラマになります。

真田幸村の一生涯が描かれていく

このドラマは真田幸村の幼少期から描いているのではなくて、幸村の父の昌幸が長年使えた武田家が織田信長に滅亡するというところから始まっているのが特徴的です。そこからの真田幸村の一生涯についてドラマ化しています。あらすじとしても青年期の幸村から描いて、真田丸での奮闘というところまでを描くということになります。真田の一族との関係について知っていれば十分楽しめるポイントになります。

真田丸というのは大坂冬の陣や夏の陣において豊臣軍が徳川軍と戦うに当たり、不利だったので奇襲をかけるという意味において、真田幸村が大阪城の一角に設けた出城のことを言います。ここを拠点として徳川軍を苦しめていくということです。幸村の一生涯においても真田丸での奮闘というのはクライマックスシーンとしてとても見どころに当たる部分でしょう。

真田家をどう残していくのか?

真田家は武田家が滅亡してから混沌とした戦国時代を送るわけです。特に徳川家が襲ってくるわけですが、豊臣家と共に行動をすることになります。

ただ、関ケ原の戦いになると真田家を残すために両軍につくことになるんです。犬伏の別れによって西軍には幸村と昌幸が、東軍には幸村の兄の信幸が付きます。この真田家がどうなるのかというところも見どころになるのではないでしょうか。

真田家について注目すると面白い

真田丸の主人公は真田幸村にはなりますが、そこに纏わる真田家の動きをあらすじを追いながら見ていくと面白いところが多いのではないでしょうか。真田幸村の一生涯が書かれますので、歴史を知っているともっと面白いでしょう。