家政婦のミタ(2011年)

のミタは2011年に日本テレビの連続ドラマ枠で放映されて、高視聴率を上げたドラマです。家政婦の三田灯と父と子供たちだけが残される形になった阿須田家とのつながりというのが見どころにもなっているドラマです。

三田は何でも完璧にこなす家政婦

主人公である三田灯は阿須田家に派遣されることになります。その時に必要最低限のことしか口にせずに、どういう時であっても喜怒哀楽を出すことなくロボットのような感じで仕事をこなしていきます。

家事全般に限らず場合によっては犯罪まがいなことであっても承知しましたと言って、何でもこなしてしまうというのがすごい能力を見せます。

このドラマのあらすじは

このドラマの主なあらすじについて紹介します。母親の死によって阿須田家は困ってしまいますが、その時に家政婦として三田灯がやってきます。命令されたことは何でもこなしていきますので、阿須田家はそのことに振り回されることになります。

しかし、三田がやってきてからバラバラだった家族のきずなを取り戻すきっけけとなっています。ただし、三田灯にも過去のトラウマというものを抱えていますので、どうなるのかと言ったところも見どころになるでしょう。

キャラクター設定がいい

家政婦のミタで出てくる阿須田家のダメダメな父親と4人の個性的な子供たち、家政婦の三田灯のキャラクター設定が面白いということがあります。特に三田灯のキャラクターについてはミステリアスな印象さえ与えてきます。

最初は本当に暗い人に見えるわけですが、これもわけがあってそうなってしまっていますので、三田灯のことがストーリーを追うにつれてわかってくると、納得いくところがあるのではないでしょうか。今後どういう展開になるのかをドキドキしながら見るのがいいでしょう。

家族ものでも十分に面白い

家政婦のミタは最初はバラバラだった阿須田家だったわけですが、あらすじを追うにつれて家政婦の三田灯の行動などによってだんだん家族らしさを取り戻していきます。家族もののドラマでも十分に楽しめます。