カルテット(2017年)

カルテットは2017年に放映されたドラマです。この作品の主人公は巻真紀で、その他3人に登場人物と繰り広げられるラブストーリーやサスペンスなどの要素を組み合わせたドラマになります。この作品は何らかの原作があるというわけではなく、ドラマ描き下ろしの脚本になっています。4人の関係性と共にどういう風に物語が展開していくのかというのも見どころになってきます。

4人のカルテットが登場人物として出てくる

カルテットとは主要となるキャラクター4人が織りなすドラマです。カルテットとは他にも弦楽四重奏のことも指し、この4人は弦楽器をたしなむアマチュア演奏家でもあります。ある日カラオケボックスで練習していた時にこの4人が偶然出会うことになり、別府司の祖父が持つ軽井沢の別荘に、週末を中心に4人が集まって練習することになります。

4人は偶然でなく目的を持って出会う

いきなり4人が出会うところは偶然のように感じるところがあっても、それぞれ会う理由があって出会っているということです。あらすじを追っていくにつれて4人のパーソナリティーが分かってきます。4人とも秘密を抱えていますので、4人で会話をしている時にはどういう掛け合いがあるのかということも注目されます。

実はこの4人はともに演奏家でもありますので、ストーリーが進んでいくと演奏する機会も出てきます。どういう風に演奏するのかということも音楽ファンにとっては見どころに当たるでしょう。

巻真紀の夫が失踪している

この4人とのストーリーに大きく関係してくるのが巻真紀の夫が失踪しているということです。それにまつわるいろいろな事件が起きて4人の関係はどうなっていくのかということがポイントです。最終的に4人の関係はどうなっていくのかというのが見どころです。

クライマックスに向けて謎が謎を呼ぶ

カルテットというドラマは巻真紀を中心として4人の登場人物があらすじを追うにつれて謎が謎を呼ぶというようなことが起きます。必然で出会った4人の関係はどうなっていくのでしょうか。