orange(2016年)

「orange」は2016年放送と、最近放送されたばかりなので見た事がある人も多いでしょう。
最近のアニメらしく、キレイな絵とそしてミステリアスなストーリー展開が魅力のアニメでした。
では「orange」のあらすじと見どころについて紹介します。

 

orangeのあらすじについて

高宮菜穂には、幼馴染の仲のいいグループがいて楽しい高校生活を送っています。
そんな高校生活に変化が現れたのは、1人の転校生がやってきてからです。
転校生・成瀬翔に、高宮菜穂は恋をし、そして10年後の自分から手紙が届きます。

最初はいたずらだと思った手紙の内容は、現実にリンクしていて、成瀬翔が近い紹介自殺をしてしまう事を手紙で知ってしまいます。

どうにかして自殺を止めたい、そう思い手紙のアドバイスを受け入れながら、高宮菜穂は未来を変えるために頑張るストーリーです。

アニメでは最初に高校時代ではなく、大人になった彼らが成瀬翔のお墓参りをするシーンから始まります。

その後高校時代に話は戻り、生きている成瀬翔との物語がスタートします。
自殺をして欲しくない、未来を変えて欲しい、そんな感情移入をしながら、その後の展開が気になるSF青春ラブストーリーだと言えるでしょう。

 

orangeの見どころについて

SF青春ラブストーリーですが、恋愛に奥手な高宮菜穂と、ちょっと影がある転校生の成瀬翔。

傍から見ていると両想いだと思うのに、タイミングが合わずになかなか上手くいかない2人の恋愛模様が見ているだけで切ないです。

もしあの時こうしていれば、恋愛でそう思った経験がある人も多いと思いますが、その答え合わせのように、未来からの手紙が「あの時、○○する事」とタイミングを教えてくれます。

それで困難が回避出来たり、出来なかったりしながら、手紙の内容とは異なる未来に、成瀬翔が生きている未来になるのかどうか、凄く続きが気になって、ラストまで一気に見たいアニメです。