HUNTER×HUNTER(2011年)

週刊少年ジャンプにて1998年より不定期連載を続けているHUNTER×HUNTER。1999年放送版に引き続き二度目のTVアニメ化となります。
奇才富樫義弘によるライフワークとも言えるこの作品。そのあらすじと見どころを紹介していきましょう。

純真なゴンの心が作る仲間の輪

今作はくじら島に住む少年ゴンが父親のジンを捜すため、父と同じハンターを目指して島を出るところから始まります。
天真爛漫なゴンは、船旅の途中で出会った同じハンター志望者であるクラピカやレオリオと仲良くなり、行動を共にするようになります。
そして始まったハンター試験の中でゴンはキルアという同じ年頃の少年と出会い、彼とも信頼関係を築き上げていきます。

ファンが待ち望んだキメラ=アント編が初の映像化

異常成長を遂げて人間を襲うまでになった危険生物キメラ=アントの女王を討伐するため、ゴンとキルアは閉鎖国家NGLへと向かいます。が、圧倒的な力を持つ女王の親衛隊の一人、ネフェルピトーに2人は全く敵わず、師匠のカイトに庇われる形で逃亡を余儀なくされます。
その間もどんどん勢力を拡大するキメラ=アントたちに事態の深刻さを見たハンター協会会長ネテロは腰を上げ、討伐隊を立ち上げました。
ゴンとキルアはその討伐隊の一員として、カイトを救うためキメラ=アントの城へと立ち向かいます。

数々の衝撃的シーンを生み、未だファンの間で語り継がれるキメラ=アント編。メルエムやネフェルピトーといった人気キャラクターの動向にも注目です。

手に汗握る頭脳バトル

HUNTER×HUNTERの魅力と言えばやはり頭脳バトルです。
ハンター試験を終えた後、ゴン達は作中で念と呼ばれる異能力を覚え、その力を駆使して壮絶なる戦いを繰り広げていきます。
しかし、ただ単純に能力をぶつけ合うだけではありません。互いに自らの能力と相手の能力を分析し、裏をかき合う頭脳戦なのです。
推理小説の様に細かく計算された数々のバトルに、思わず唸り声をあげてしまうことでしょう。

少年ジャンプ作品情報