DEATH NOTE -デスノート-(2006年)

デスノートは人気雑誌である週刊少年ジャンプに連載されましたが、2部構成になっているのが特徴です。2006年からはアニメ化もされているのですが、優等生の少年である夜神月という主人公が黒いノートを拾ったことで、正義の裁きを行っていくというストーリーになっています。

死神と行動を共にする

デスノートは警察官をしている夜神総一郎の息子であり、高校生の夜神月がデスノートという黒いノートを拾うところからストーリーが始まります。

このノートを手にした夜神月は、リュークという死神と行動を共にするのですが、実はリュークが人間にノートを拾わせたのです。一般の人に死神は見えませんが、ノートを手にすると見えるようになります。

このノートに名前を書くと、書かれた人間は死んでしまいます。死因を書けばその通りになり、死因を書かなければ心臓発作で死ぬという設定です。犯罪者や傍若無人な人間の名前を書いて、正義を信じて裁きを次々に行っていくのですが、夜神月にとって天敵が現れるのです。

Lの登場で状況が一変

デスノートの見どころの1つが、Lと呼ばれている人物の登場です。Lは夜神月に匹敵する切れ者で、わざと別の名前を名乗って夜神月に名前を書かせ、どんどん潜伏している範囲を特定していきます。Lというのは、夜神月がキラと名乗っているのと同じでニックネームです。警察などの協力者からは竜崎と呼ばれています。

そんな竜崎は、どんどん夜神月を追い詰めていき、とうとう犯人だと特定されてしまうのです。そんなときに夜神月の協力者が現れるのですが、それが自分と同じようにレムという死神と一緒に行動し、デスノートを所持している弥海砂という女性です。弥海砂は夜神月に好意を持っていることから協力に応じ、ついに竜崎との勝負に勝ちます。

リライトでは竜崎の弟子が登場

アニメでは2007年と2008年にリライトという形で続編が放送されています。この続編では、竜崎の弟子が登場するのです。これも見どころになっていますし、漫画でも読むことができます。