CLANNAD(2007年)

CLANNAD(2007年)は、美少女ゲームを京都アニメーションが映像化した作品です。
美少女アニメの名作で、家族愛をテーマとした心温まる作品だと言えるでしょう。
ではCLANNAD(2007年)のあらすじや見どころについて紹介します。

CLANNAD(2007年)のあらすじについて

岡崎朋也は進学校に通う高校3年生ですが、学校一の問題児でもあります。
元々は真面目な生徒で、運動神経がよくバスケットボールの特待生として高校には進学をしました。
ですが怪我が原因で選手生命を絶たれてしまい、その事が原因で不良になってしまいます。

そんな問題児が、引っ込み思案で病弱な生徒・古川渚と出会います。
朋也は渚と出会う前は学校をサボったり、遅刻をしたりと、不良行為を繰り返していたので、周囲からは敬遠される存在でした。

ですが渚と行動を伴にするようになった事で、学校にも登校するようになり、周囲とも徐々に打ち解けるようになります。

渚は廃部となった演劇部の復活を目指していて、朋也や友人の春原洋平らが中心のなり、演劇部の再建を目指していきます。

渚は、人見知りで自分に自信が持つ事が出来ませんが、容姿はナンパされるほど可愛いために美少女アニメとして人気があります。

CLANNAD(2007年)の見どころについて

実はアニメはゲームのストーリーとは、いくつか異なる点が見られます。
そのためゲームをしている人でも、アニメではストーリー展開が分からないため、新鮮な気持ちでアニメを見る事が出来ます。
またTVアニメと劇場アニメでもストーリー展開が異なります。

例えばゲームだと高校卒業後、智也と渚は結婚して娘が生まれ3人で幸せに暮らします。
ですあ劇場版のアニメだと渚は出産直後に死んでしまいます。

そしてTVアニメだと出産直後に脂肪してしまうものの、最終話で朋也が入れ替わった世界で無事に出産していきています。

他にもいろいろと展開が異なるところがあり、全てを見ている人からすれば、まるでパラレルワールドを見ているような不思議な気持ちになりますが、それもまた見どころの1つだと言えるでしょう。