雲のむこう、約束の場所(2004年)

今回は新海誠監督の「雲の向こう、約束の場所」のあらすじを紹介していきます。

この作品の見どころはざっくり言ってしまうと世界観という所だと思います。
一応日本ではありますが、現代とは違った進化を遂げているので、少しファンタジー感のある世界観なのが僕は好きでした。

あと他の見どころとしては新海誠作品の中でも三角関係を書いている珍しい作品です。

それでは早速あらすじを紹介していきます。

高い塔のある日本。

この作品内の日本は南と北に分かれており、戦争しています。蝦夷と言う場所には高い塔が建てられていました。

物語の主人公の2人であるヒロキとタクヤは、その塔に行くために軍事下請け工場でバイトをしながら隠れて飛行機を作っていました。

ある日、タクヤがヒロインであるサユリをそこに連れていきます。
そこで、タクヤとヒロキの秘密である塔に行くという計画を教えるとサユリも一緒に行くという約束をしました。

しかし、サユリは最近塔が爆発する夢を見ていました。そんな夢をまた錆びれた駅で白昼夢の様に見ていたサユリですが、駅から海に落ちそうになります。

そこに駆けつけて助けようとしたヒロキでしたが、一緒に落ちてしまい、それを見たタクヤも夏の海に落ちて遊ぶのでした。

夏から時間が過ぎ。

その夏からサユリは行方不明となり、タクヤは青森に残り、ヒロキは東京へ行きました。

タクヤは青森で塔に関する研究を行っていましたが、うまくいってはいなく、手詰まりといった状況です。
しかし、研究所の室長がカギを見つけたと言い放つのでした。

一方東京では主人公たちがアルバイトしていた工場の工場長が東京に来ていました。彼はテロ組織の一員で、南北の戦争のため家族と引き離された一人でした。そして、タクヤの室長の友達でもありました。

室長も東京に来ており、その目的はカギとされるあの夏から眠っていたサユリに会いに来ることでした。

夢の中で。

東京に来ていたヒロキは毎日をいもしないサユリを探すためぼんやりと過ごしていました。
サユリは眠ってはいたが、夢を見ており、タクヤとヒロキの飛行機が飛ぶ夢を見ていました。

工場長からの手紙を無視していたヒロキでしたが、遂に開けるとそこには昔のサユリからの手紙も同封しており、それを元にヒロキは病院へ向かいます。

サユリは病院を変えており、会えはしなかったが、彼女の幻の様な物を見て、手が触れた瞬間に、ヒロキは思い出すように一緒に飛ぼうとサユリに言うのでした。

すると、サユリが眠りながら涙を流し、それに呼応するように塔が動き出します。実は塔は危険な武器の様な物で、サユリと連動しているため眠り続けていないと危険という事だったのでした。

一方でタクヤは岡部とのテロ活動の最中に撃たれてしまっていました。

主人公たちの選択。

タクヤは一命をとりとめたが、同時に塔を破壊するという作戦を聞きました。
そこに、戻ってきたヒロキがサユリを塔まで連れていけば起こすことが出来るのではないかと相談するが、サユリを起こすと世界が危険なためどちらを選ぶのかとタクヤが問いかけます。

最終的にヒロキとサユリが二人で塔に行くことになり、塔に近づくにつれサユリの覚醒と連動して塔が動き出してしまいます。
蝦夷の地が消えていく中、ヒロキが塔を何とか破壊し、被害は蝦夷の一部ですんだのでした。

目覚めたサユリにおかえりと言い、塔に行くという約束は出来ないが、この世界で生きていこうと誓いました。

まとめ。

やっぱり一筋縄ではいかないなとも思いましたが、しっかりと結末をハッピーエンドにしてくれる所がいい所だと思います。

約束の場所というタイトルに隠された意味が最後で回収されるというのも気が利いていていいですよね。

一風変わった新海誠作品を是非皆さんも見てみてください。