金色のガッシュベル(2003年)

「金色のガッシュベル!!」は、雷句誠氏が手掛けた日本のマンガ作品になります。
このマンガは、「ガッシュ」、「ガッシュベル」などの呼称でも呼ばれています。
ここでは、「金色のガッシュベル!!」のあらすじや見どころなどを紹介します。

金色のガッシュベル!!について

金色のガッシュベル!!は、週刊少年サンデーの、2001年6号~2008年新年4・5合併号まで連載されました。
また、単行本については全部で33巻、323話の内容であり、それぞれが通し番号になっているのが特徴です。
その後、「こんじきのガッシュベル!!」の名前でテレビアニメ化されたのは有名です。
なお、マンガの作者である雷句誠氏は、2002年度に、第48回小学館漫画賞を受賞しています

金色のガッシュベル!!のあらすじ

モチノキ第二中学校の中学2年生の高嶺清麿は、マサチューセッツ工科大学の論文を、いとも簡単に理解する能力を持っていました。

しかし、そのような優秀頭脳のため、周囲からの嫉妬をかうこともよくありました。
そのため彼はクラスに馴染むことができず、不登校を繰り返す日々を送ることになります。
そんな時に清麿のもとに現れたのが、謎の少年「ガッシュベル」でした。

彼は清麿の父、清太郎からに助けられ、その恩返しとして日本までやってきたとのこと。
ガッシュは過去の記憶を持っておらず、所持品は、謎の言語で書かれた赤い本だけでした。
この赤い本が何だったのか、見どころ満載の作品です。

金色のガッシュベル!!の登場人物について

金色のガッシュベル!!の主要人物は、ガッシュペア、ティオペア、キャンチョメペア、ウマゴンペア、ブラゴペア。
準主要人物は、ゼオンペア、ウォンレイペア、ゾフィスペア、コルルペア、ロップスペア、パピプリオペア、アースペア、バリーペア、キッドペア・MJ12です。

見どころ満載のアニメです

金色のガッシュベル!!は、週刊少年サンデーで連載された人気マンガです。
見どころも多く、オススメの作品です。
また、テレビアニメ化されたことで、その人気も高くなっています。