覆面系ノイズ(2017年)

バンドものの青春群像劇のアニメは定期的に生まれるものですが、この覆面ノイズもそのひとつです。

ひとりの主人公である女の子が、ふたりの男の子によって感情を揺すぶられる姿を描きつつ、自分の夢を実現させようとする物語になっています。

2人の男の子との出会い

歌うことが好きな女の子有栖川仁乃は、小さいころから榊桃といつも一緒に過ごしていました。女の子のような名前ですが桃は男の子です。

そんなある日、桃は仁乃の前からいなくなりました。しかし桃に代わるように曲を作れる杠花奏が表れ、また大好きな歌で毎日を過ごすようになる仁乃。

しかし奏でさえも姿を消してしまいます。桃と奏は歌う仁乃を必ず見つけ出すと約束し姿を消し、互いに高校生になってから物語が動き始めます。これが今作のあらすじです。

ふたりの男の子に挟まれて揺れる感情

やはり見どころは高校生になってからの3人です。軽音部に入部した奏は仁乃と出会い、またふたりで歌うためにバンドを結成。

一方桃はというと、もう作曲家として活動しており、仁乃の存在についても知っており、そして彼女のために曲を作っている最中でした。

ただし桃は仁乃に歌わせる前に、お金のために曲を作っていることを後ろめたく思っており、なかなか素直に感情を表に出すことがありません。奏も仁乃のことが好きになり、ふたりに挟まれてしまいます。

そんな状況を打開するために桃と奏はバンドで競うことに。動員数が多い方が身を引く。

奏は乗り気ではありませんでしたが、いざ開演すると奏と仁乃のバンドに入場制限が起きるほど人が入ってきます。

それをみた桃は自ら去ろうとするのですが、仁乃も複雑な感情で歌っていました。自ら去ることを決断した桃に対して「行かないで」という気持ちをメロディーに乗せながら歌う仁乃。

原作ファンも多いアニメとして人気の作品

ふたりの男の子の感情に対して、女の子は複雑に表現していくところがこのアニメの見どころになっています。アニメの方は音がありますので、感情移入することができるファンも多いです。