秒速5センチメートル(2007年)

今回あらすじを紹介する「秒速5センチメートル」は新海誠監督の傑作ともいわれている作品です。

最大の特徴と見どころは世界の描写だと思います。自分の生きている世界とどちらが現実か分からなくなってしまう程、綺麗に描かれています。

そして、もう一つの見どころは主人公である貴樹が明里からも花苗からもおいて行かれる様が細かい描写で描かれており、見れば見るほど味が出る作品に仕上がっています。

この作品は3話構成になっているので1話ずつあらすじを紹介していきます。

第1話「桜花抄」貴樹と明里。

この作品の「秒速5センチメートル」の名前の通り、桜が落ちる速度が秒速5センチメートルなんだってという言葉から物語は始まります。距離がこの物語で大切なキーワードとなるのです。

東京の小学校で同じクラスに転校してきた貴樹と明里はお互いに親が転勤族という事もあり惹かれあいます。

しかし、明里が親の転勤のため栃木に転校することになってしまいます。

それから時が流れ2人は東京と栃木で中学生になっていました。貴樹と明里は手紙で連絡を取り合いお互いの近況を知らせています。ですが、今度は貴樹が親の都合で鹿児島に転校することになりました。

そのため、貴樹は明里に会うために明里の最寄り駅まで電車で行こうとしますが、雪のため約束の時間より大幅に遅れてしまいます。

もう明里に帰っていてほしいと願う貴樹でしたが、ようやく最寄り駅まで着くと駅のストーブのそばに明かりが座っていました。

お互い手探りで失った時間を取り戻りていきますが、時間のため駅から締め出されてしまいます。
そこで、桜の様に雪が降る木の下で二人はキスをします。

小さい納屋で夜を明かした後、貴樹は朝の電車で帰ると共に、明里を守る力が欲しいと強く願うのでした。

第2話「コスモナウト」高校生になった貴樹。

2話では貴樹は高校生になっており、弓道部に入っていました。
視点は貴樹の事が好きな同じ高校の花苗に移ります。

進路や趣味のサーフィンも上手くいかない花苗でしたが、貴樹との恋愛も上手くいっていませんでした。貴樹の帰りを待ち伏せして、一緒に寄り道などしても、貴樹はメールを打っていたり花苗を真剣に見ようとはしません。花苗自身も貴樹が別の物を見ているのはわかっている様でした。

そんな中職員室に呼び出された花苗は進路の事について聞かれて黙ってしまいます。。
その帰り道に丘に貴樹がいるのを見つけ、進路について相談してみると、貴樹は東京の大学に進むと決めてはいましたが、明日の事は分からないからできる事からやってるとも言われました。

その言葉を聞き花苗は進路相談の紙を飛行機にして飛ばしてしまいます。帰り道ではNASAのロケットが2人の前を横切り、花苗が時速5キロなんだってといい貴樹は一瞬ハッとします。

それから季節は夏から秋に移り、花苗は半年ぶりに波に乗る事に成功します。この勢いで貴樹に告白しようと思い、一緒に帰る花苗でしたが途中で通学用のカブが壊れてしまい、2人で歩くことになります。

貴樹の1歩後ろを歩く花苗でしたが、もう優しくしないでと泣き出してしまいます。するとロケットが打ちあがり、2人は呆然とそれを眺めた後に帰ります。

結局花苗は貴樹に告白できず別れてしまうのでした。
一方で貴樹が打っていたメールと言うのも実は宛先が無く、書いては削除を繰り返して日々を過ごしていました。

最終話「秒速5センチメートル」ようやく始まる貴樹の物語。

社会人になり、部屋で仕事をしている貴樹は窓から入ってきた桜を見て、外に出ます。
すると、踏切で明里らしき女性とすれ違い、渡り終えた後に振り向きますが電車が横切ると、女性はいなくなっていました。

場面は変わり、明里は誰かと結婚するため上京しようとしていました。一方貴樹には3年間付き合ってきた女性から1000回もメールして心は1センチ位しか近づけませんでしたとメールが来ます。

貴樹は東京に来てから何かはわからない目標のためがんばってはいましたが、限界を迎え会社をやめていました。

そして明里と貴樹の13歳の頃見た景色と似たような桜の景色をまた見れると迷いもなく思っていたという語りが始まり、終わった後に挿入歌が流れ始めます。歌に合わせて貴樹と明里のこれまでが流れていき、先ほどの踏切のシーンまで戻ります。

そして踏切の先に誰もいない事を確認し、貴樹は何かから解放されたような表情をして、日の指している道を歩き始めるのでした。

まとめ、感想。

ただひたすらに過去にとらわれ続ける貴樹が切なくも見えて、少し自分と重なる所があり共感してしまう所が私は好きでした。

最後のシーンは解釈が分かれるとは思いますが、私はようやく貴樹が前向きに進み始める事が出来たのだと思っています。

描写もとても細かいので、初めにも言いましたが本当にするめの様な作品です。そういった所で3話構成はうまく機能していたかもしれません。

皆さんも是非文章では伝わらない映像の世界を見てみてください。