男子高校生の日常(2012年)

みなさんはアニメ「男子高校生の日常」をご存知でしょうか?
山内泰延によるコミックを原作としたギャグアニメで、男子高校生のリアルな日常がコミカルに表現されています。

ギャグ漫画としては珍しいことですが、実写映画としても公開されている人気作品です。
今回はそのあらすじと見どころをご紹介したいと思います。

「男子高校生の日常」のあらすじ

〇×県立真田北高校に通うタダクニ、ヒデノリ、ヨシタケの3人組を中心とした、男子高校生の日常の中の笑いを描いたギャグアニメです。

一応主人公とされているツッコミ役のタダクニ、ボケ役のバカなヒデノリとヨシタケが繰り出す男子ならではの遊びや会話がコミカルに、時にシュールに描かれています。
3人組の他にも個性豊かなキャラクターやグループが多く存在していて、それぞれが他のグループや人物と繋がりを持っています。
男子高校生が中心に描かれていますが、たまに登場する女性キャラクターはその多くが破天荒で、凶暴な行動をとることも特徴的です。

一話ごとに複数のショートストーリーから構成されていて、各話ごとに様々な人物にスポットを当てたドタバタコメディです。

「男子高校生の日常」の見どころ

いわゆる「日常系」と呼ばれる作品の多くは主要人物が女性キャラクターのみで構成されていますが、この作品では男子高校生を中心に描いている点が大きな特徴の一つです。
リアルな日常をテーマにしたアニメで、恋愛、青春などのドラマチックな展開はほぼありませんが、その分テンポ良く気楽に見ることができます。
ハイテンションなボケとツッコミ、他の作品のパロディネタなどいろいろな笑いを楽しむことができるのも魅力の一つです。
男子なら誰しも一度は考えたことのあるであろうくだらない発想に、大笑いしながらも思わず自分の青春を懐かしく振り返ってしまう方も多いのではないでしょうか。
みなさんもぜひ一度、アニメ「男子高校生の日常」をご覧になってみてはいかがでしょうか?原作や映画のファンの方も間違いなく満足できるアニメだと思いますよ。