氷菓(2012年)

甘く冷たいお菓子をつくるアニメのように感じる方もいるでしょう。

主人公は高校生でお料理部に所属している青春群像劇のようにも思えますが、舞台は古典部という聞き慣れない部活に所属している4人の物語になっています。

日常のミステリーの謎を解く

省エネを信条に高校生活を送ろうとしている折木奉太郎は、姉から存続危機に陥る古典部の入部を託されます。

どうせ部員もひとりであると想像することから入部することになるのですが、そこに黒髪で清楚いかにも令嬢のイメージがぴったりと合う千反田えるに出会います。

彼女も古典部の入部を希望していますが、明確な目的がありそれがタイトル名氷菓の回収に繋がります。

折木奉太郎の同じ中学校出身で親友でもある福部里志、彼に恋焦がれている伊原摩耶花も入部することに。

千反田えるが入部した目的、古典部の文集氷菓の謎を解くことに奮闘するのが最初のあらすじです。簡単にいえば誰も死なない高校生による探偵物語と認識しても構わないでしょう。

見どころは4人の部員の距離が縮まるところ

元々千反田える以外の3人は同じ中学校の出身になり、特に折木奉太郎と福部里志は親友で仲が良い。

里志に恋焦がれる伊原摩耶花は奉太郎を冷たくあしらうようなこともありますが、4人それぞれが日常で起こる謎に直面していくことによって、それぞれのパーソナリティを確立させていきます。4人が一緒のチームワークを感じさせる作品です。

特に千反田えるの名セリフ「私、気になります」はアニメファンではなくても、ネット界隈で聞いたことがある人もいるくらい人気であり、「えるたそ」と呼ばれるほど美少女で大人気のキャラクターです。

安定の京都アニメーション制作作品

数々のヒット作品を輩出しており、絵も綺麗で四季折々の風景を楽しめる作品が氷菓になっており、外国でも日本の季節を味わえることから人気が高い作品になっています。

意外とハマル作品

恋愛模様のようにも感じますが、原作はミステリー作家として活躍する米澤穂信さんですので、作品自体はしっかりしています。アニメだけではなく小説も読んでほしい作品です。