桜蘭高校ホスト部(2006年)

 

人気少女漫画が原作になっているアニメ作品です。アニメだけでなくゲームにもなっています。たくさんの女性のファンがおり、長く愛されてきました。

見どころはホスト部員と主人公のやりとりです。時に毒舌で、時に甘酸っぱいシーンが盛り込まれています。

主人公が迷い込んだ先はホスト部

主人公の藤岡ハルヒは私立桜蘭学院高等部に特待生として入学します。桜蘭高校は上流階級の家柄の子息たちが通う学校です。

ハルヒは一般庶民の人間でしたが、成績が優秀だったために入学を認められました。特待生として常に首席でいることを要求されています。

ハルヒは静かに勉強ができる場所を求めて、学校の音楽室に行きます。しかしそこは「暇を持て余す美少年が、同じく暇を持て余す女生徒をもてなす」というホスト部の営業場所でした。

主人校はホスト部に入部

桜蘭高校で校内オークションが開催されることになりました。けれどもその際にハルヒは不注意から花瓶を割ってしまいます。

その花瓶はルネのものであり、賠償金は800万円。庶民のハルヒに返せるものではありません。

そして賠償金返済のためにホスト部に入り、雑用として働くことになりました。けれども眼鏡を外すとイケメンであることがバレてしまい、接客係に昇格します。

そして借金帳消しの条件として100人の指名客をとることを命じられます。

けれども実はハルヒは女の子であったことがバレてしまいます。胸は小さく、服を着れば目立たなくなってしまう程度。

男子制服を着れば男の子と思われてしまうほど女っ気のなさ。けれどもホスト部員たちはハルヒが女の子であることに気づきます。

こうしてホスト部にたった一人の女の子として入ることになったハルヒ。時に毒舌になるハルヒと他の部員たちとのコミカルなやりとりが楽しめるアニメです。

原作が人気少女漫画なだけあって、ストーリー展開の中には甘酸っぱいシーンも随所に盛り込まれています。若い女性を中心に、たくさんの人から愛されている作品です。