彼氏彼女の事情(1998年)

「彼氏彼女の事情」は1998年に放送されたアニメです。
完璧彼氏・有馬総一郎と虚栄心の塊の彼女・宮沢雪野のライバル→友達→恋人になっていく過程が描かれた作品です。

では、「彼氏彼女の事情」のあらすじと見どころについて紹介します。

彼氏彼女の事情のあらすじについて

主人公の宮沢雪野は虚栄心の塊で、他人から称賛されるのが大好きな女子高生です。
なので小さい時から努力を続け、成績優秀、スポーツ万能、容姿端麗な優等生でクラス委員長をしています。

ですが同じクラス委員長の有馬総一郎は、雪野よりも優秀でさらに美形でスポーツ万能、性格までいい本物の優等生です。

そんな総一郎に負けたくないと対抗心を燃やす雪野は、テストで学年1位を奪還し、総一郎からの告白も断ります。

ですが本性を知らせてしまい、弱味を握られて、下僕のようにこき使われる毎日です。
近くにいる時間が増えた事で、今度は総一郎の本性も知る事になります。

お互いに相手に本性がバレて、素を出せる相手となった事で、2人の関係は変化し、友達になります。

友達になった後も、拒絶したり、和解したり、恋愛感情が芽生えたりと、いろいろ忙しい2人の関係ですが、傍から見ればバカップルそのものでもありますが、2人が成長する過程も描かれた学園青春ラブストーリーと言えるでしょう。

彼氏彼女の事情の見どころについて

彼氏彼女の事情の見どころは、傍から見れば2人とも完璧な優等生なのに、それぞれ屈折した気持ちを抱えている事です。

最初は彼女の方が問題のある性格なのかと思えば、彼女の問題ある性格が可愛らしく見えるほど、彼氏の方が本物の心の闇を抱えていたりします。

ただ優等生同士の恋愛ストーリーでは、面白くないので、ここに屈折した2人の性格を織り込む事で、彼氏彼女の事情が面白いストーリーに仕上がっていると言えるでしょう。

関係性の変化や、心の成長による考え方の変化など、スタート時とラストでは、大きく変わった2人そのものが見どころだろ言えるでしょう。