ファインディング・ニモ(2003年)

『ファインディング・ニモ』はオーストラリアの美しい海を舞台にして作られたアニメ映画です。ディズニーが手掛けました。

見どころは美しい海の風景。その風景の中で取り行われる魚たちのコミカルなやりとりを、ハラハラしながらも楽しめます。ネタバレも含めつつ、あらすじを紹介します。

最後の一匹ニモ

マーリンは妻のコーラルとともに、たくさんの卵の世話をしていました。いつ卵が孵って子供たちが生まれるのかを楽しみにしながら。

けれどもあと二日で孵るという時に、オニカマスに襲われてしまいます。その結果大切な妻とたくさんの卵たちを失ってしまいました。

オニカマスの襲撃のあと、マーリンは卵たった一つとともに残されました。マーリンはその卵から生まれた子供に、妻コーラルの遺志を尊重して「ニモ」と名付け大切に育てました。

マーリンはニモを探す旅に出かける

けれどもニモは学校の遠足で人間に連れされてしまいます。マーリンは必死にニモを探し始めました。途中健忘症のドリーと共にさまざまな手がかりを頼りにシドニーへと向かって海を旅します。

旅ではさまざまな困難に見舞われました。けれどもマーリンとドリーを助けてくれる海の生き物たちもたくさんいました。彼らに助けられ、二人はようやくシドニーにたどり着きました。

一方ニモもマーリンの元に帰りたいと思っています。閉じ込められた水槽から、仲間とともに脱出を試みます。

感動の結末!

そしてニモ自身もさまざまな困難を乗り越え、閉じ込められていた水槽を抜け出します。外に出ると、ようやくお父さんのマーリンとの再会を果たすことができました。

長い旅の末にようやく会えた親子は、また美しい海へと帰っていき、幸せに暮らしました。

海の生き物たちのコミカルなやりとりは見ていて飽きません。時に笑いながら、最後には感動できます。子供から大人まで楽しめる映画です。

大画面で見ると、美しい海の中を泳いでいるかのような感覚を味わえます。

ファインディング・ニモシリーズ作品情報