トイ・ストーリー(1995年)

『トイ・ストーリー』は大人から子供まで楽しめるディズニー映画です。おもちゃの世界という、誰もが思い描いたことのある世界が舞台。

見どころは映画の中で織りなされる表情豊かなおもちゃたちのやりとりです。あらすじとネタバレをご紹介します。

アンディの親友ウッディ

少年アンディは、ウッディというカウボーイの人形がとても大好きでした。いつも一緒に遊び、とても大切にしていました。

そんなウッディはアンディのおもちゃたちの中でもリーダー的な存在でした。おもちゃたちを取りまとめ、いつもアンディを楽しませてきました。

ウッディのライバル・バズの登場

けれどもアンディの誕生日に、バズの人形がプレゼントとして送られてきます。アンディはすっかりバズを気に入り、いつもバズで遊ぶようになってしまいました。

ウッディは次第に忘れ去られ、寂しい思いをします。

最初バズは自分のことをおもちゃだと信じられませんでした。その様子がさらにウッディを苛立たせました。

そしてさまざまなトラブルに見舞われ、ウッディとバズはアンディの隣に住むシドの元に行ってしまいます。シドはおもちゃ殺しとして、おもちゃたちの間では有名な少年でした。いつ壊されるか分からない恐怖にウッディは怯えます。

二人は親友になる

ウッディとバズは協力し、なんとかしてシドの元を脱出します。その過程でシドに壊されたおもちゃたちも協力しました。そしてアンディの元へと帰っていきます。アンディは戻ってきた二人を喜んで迎え、大切にしました。

最初は仲が悪かったウッディとバズですが、困難を乗り越えていくうちに仲直りし、親友になりました。いつも二人で協力し、アンディの成長を見守ることを約束します。

さまざまなトラブルを乗り越え、かけがえのない親友になる結末を見て、誰もが安心することでしょう。またお子様はおもちゃの気持ちを考えて、今あるおもちゃを大切にするようにします。親子で楽しめる映画です。

トイ・ストーリーシリーズ作品情報