トイ・ストーリー3(2010年)

 

世界的に大ヒットしたディズニー映画『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』の続編です。人間の子供の成長と、おもちゃとの関係を考えさせられます。ネタバレをしながら、あらすじをご紹介します。

アンディの成長

『トイ・ストーリー』から10年後、アンディ少年は17歳になりました。大学に進学するにあたって寮に入ることになり、ウッディだけを連れていくことにしました。残されたおもちゃたちは屋根裏部屋にしまわれることになっていました。

けれどもアンディのお母さんの手違いで、残されることになっていたおもちゃたちはゴミに出されてしまいました。

また、アンディとお母さんの会話の中で「ガラクタ」と呼ばれたおもちゃたちはすっかり絶望していました。そこで託児所に寄付されるダンボールの中に入り込みます。

託児所での出来事

託児所ではおもちゃたちにとって新しい人生が始まるはずでした。けれどもおもちゃたちはおもちゃを乱暴に扱う年少の子供が集まる「いもむし組」に配属されます。そこに配属されたおもちゃたちは数日で壊され、ゴミとして処分されてしまうとのことでした。

一人残されたウッディは仲間たちを救い出そうとします。途中さまざまな困難があり、ゴミ収集車にまで追い詰められることもありました。けれどもみんなで協力し、困難を乗り越えていきます。

おもちゃたちの新しい人生

そしてアンディの元へと帰ったウッディたちは、屋根裏部屋で眠ることにしました。けれどもウッディはおもちゃで遊んでくれるボニーという少女のことを思い出しました。段ボールにボニーについて書いた付箋を貼り、アンディに自分たちをボニーに譲るように仕向けました。

アンディはずっと遊んできたおもちゃたちをボニーに譲りました。アンディが一つ一つの思い出を語りながらボニーにプレゼントするという結末は大人も感動してしまいます。

子供だけでなく大人も深く考えさせられて感動できる映画です。家族で楽しみましょう。

トイ・ストーリーシリーズ作品情報