ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝(2017年)

このアニメの一番の見どころと言えば、神々が見初めた子供達に力を与え成長していく過程にあると言えます。

ダンジョン攻略を主に置いた旅の中で成長、そして人間模様の展開がストーリーを引き立てます。

主人公はカリスマ的存在

物語の主人公のアイズ・ヴァレンシュタインはあらすじを語る上でも大切な存在であり、物語のストーリーを決める重要な存在だと言えます。

ソード・オラトリアの世界ではダンジョンを攻略する為に冒険者は力を合わせ、そして様々な経験をして成長して行きます。

冒険者になる為には現生に舞い降りた神と契約結び、ファミリアの一員にならなくては行けません。

そんな数多くいる冒険者の中でもアイズ・ヴァレンシュタインは冒険者の中でもトップクラス、そんなアイズを中心に物語が進んで行きます。

アイズはどんな場面でも他の冒険者を寄せ付けないほどの強さ、そしてカリスマ的な存在感を生み出しています。

また自分に自信を持てない他冒険者にも影響を与え、アイズの知らないところで成長の手助けをします。

仲間との絆

見習い魔導師のレフィーヤの成長もアニメの本編の中で多く描かれており、後々の展開に大きな影響を与えます。

レフィーヤを見下してばかりの仲間、陰ながら支えてくれる仲間などとの人間関係の変化や成長も魅力だと言えます。

また数々の戦いの中で生まれるそれぞれの心の中の葛藤も描かれており、物語が進んで行く為に必要な部分だと言えます。

また冒険者たちを狙う影の存在も動き出し、様々な観点から冒険者たちの冒険を邪魔して来ます。

そんな困難を乗り越えながらダンジョン攻略を目指し、戦いを繰り広げて行きます。そしてアイズは1人の冒険者と出会い、少しずつアイズ自身も成長して行きます。

強さから生まれる葛藤

アイズは冒険者としての強さとは裏腹に悩みを抱えており、その悩みを乗り越えることで成長して行きます。

そしてダンジョンの中で出会った1人の少年、この少年を通して少しずつアイズやレフィーヤが成長して行きます。

しかしその影でアイズは思うように成長出来ない自分に苛立ち、戦闘などでも暴走気味になってしまいます。その葛藤を乗り越えながら成長し、前人未到の階層へと挑んで行きます。

またダンジョンで出会った少年も急激な成長を遂げており、冒険者の間でも注目される存在へとなって行きます。

また少年とアイズの関係性も大きな影響を与え、見逃せない部分のひとつだと言えます。