るろうに剣心(1996年)

るろうに剣心は、和月伸宏氏による日本のマンガ作品になります。
マンガ以外にも、アニメ、実写映画など、様々な場面で登場しています。
ここではそんなるろうに剣心の、あらすじや見どころを紹介します。

るろうに剣心について

今回紹介する剣心は、1994年から1999年にかけ、集英社発刊の週刊少年ジャンプで連載されました。
その後、アニメ化、実写映画化など、多くの形でメディアミックスされ話題になりました。

マンガの略称は「るろ剣」であり、2017年の9月からジャンプスクエアで、新章の「北海道編」の連載がスタートしています。

るろうに剣心のあらすじ・見どころについて

人斬り抜刀斎として恐れられていた、伝説剣客の緋村剣心は、明治維新がはじまった後に不殺を誓い、流浪人になって全国を旅していました。

旅の道中、神谷薫との出会いをはじめ、同じ時代を過ごした宿敵たちとの戦を通じて、様々な生き方を模索していくことになります。

見どころは、本編の東京編の内容です。
本編の東京編では、主として剣心と薫、弥彦、左之助の出会いなどがあります。
また、単行本の中では、それぞれのエピソードごとに分かれており、具体的には、「斬左編」、「黒笠編」、「恵編」、「雷十太編」になっています。

そしてアニメの中にはオリジナルストーリーである、「真紅の海賊編」が別に加えられています。
さらに京都編では、政府に恨み感じている志々雄真実一派が、明治政府の転覆を阻止する内容になっています。

作者の和月氏は大のゲームファンです

このマンガには多くの流派が出てくるのが特徴であり、それぞれが超人的な技を見せてくれます。

作者である和月氏が、剣劇対戦型格闘ゲームである「サムライスピリッツ」シリーズのファンであることも影響しているようです。

今後の展開が楽しみです

るろうに剣心のあらすじ、見どころを紹介しました。
2017年9月から新章の「北海道編」の連載がスタートとしたこともあり、今後の動向が気になるところです。
みなさんの中にも楽しむにしている方は多いはずです。

少年ジャンプ作品情報