とらドラ!(2008年)

「とらドラ!」は、2008年に放送されたアニメです。

主人公の男子高生・高須竜児は、目つきが悪くヤンキーだと周囲に誤解されがちですが、手乗りタイガーの異名を持つ逢坂大河のおかげで、誤解も解け、恋愛や家庭問題など悩みながらも、高校2年の鮮やかな学生生活を描いています。

では「とらドラ!」のあらすじや見どころについて紹介します。

とらドラ!のあらすじについて

最初、竜児は大河の親友の実乃梨に、大河は竜児の親友の祐作にそれぞれ片想いをしていましが、大河が間違えて祐作へのラブレターを竜児のカバンに入れた事で、気持ちがバレてしまい、「お互いの恋を応援する共同戦線」を張る事になります。

その共同戦線がきっかけで、周囲は2人が付き合っていると誤解される事になります。

ですが2人は一緒にいる時間が増え、いつしかお互いに相手の事が必要な相手になっていきますが、お互いの恋を応援する事で成り立っている関係なので、本当は相手の事が好きだという気持ちを2人は認めません。

そんな恋愛をメインに、出会い、プール、夏休み、文化祭、クリスマス、スキー、バレンタインなどのイベント行事を通して高校2年生の1年間を鮮やかに描いた青春ラブストーリーだと言えます。

とらドラ!の見どころについて

竜児は目つきが悪い三白眼なので、ヤンキーに誤解されがちですが、実際は真面目で几帳面な性格で、母子家庭なので、家事が万能。

掃除マニアで自作の高須棒を持ち歩いたり、マイバックを持ち歩くなど、男子高校生らしくない男子高生。

大河は小柄で長い髪で人形のように可愛らしい容姿の持ち主だけど、凶暴で手のりタイガーと異名を持つ反面、泣き虫でどじっ娘。生活能力がないのに一人暮らしをしていて、竜児がほっとけない気持ちが良く分かります。

原作がラノベだとよく分かる、典型的なラノベ要素の多い作品で、男性目線の可愛い女の子がたくさん登場するのが見どころの1つだと言えます。