とある魔術の禁書目録(2008年)

「とある魔術の禁書目録」は、同タイトルのライトノベルを原作としたSFファンタジー・アクションです。科学の陣営と魔法の陣営がぶつかりあう群像劇は、原作が約1500万部以上発行されるなどの圧倒的な人気を誇っています。

そんな「とある魔術の禁書目録」の、あらすじと見どころをご紹介します。

「とある魔術の禁書目録」のあらすじ

超能力を開発する学園都市で暮らす高校生、上条当麻は、ある日ベランダにひっかかっているシスター姿の少女を発見します。

少女は禁書目録(インデックス)と名乗り、当麻の知らない魔術の世界の魔術師から追われていると主張します。

インデックスの言葉が信じられない当麻でしたが、10万3000冊もの魔道書を記憶しているインデックスを狙う魔術師たちが現れ、当麻は自分の超能力「幻想殺し(イマジンブレイカー)」を駆使し、インデックスを守るための戦いに身を投じていくことになります。

「その幻想をぶち殺す!」特別な力を持たない特別な主人公

「とある魔術の禁書目録」の面白いところは、主人公の上条当麻は強い超能力を持っているわけではない、というところです。

当麻が持っているのはただひとつ、右手に限りどんな超能力でも魔術でも無効化することのできる能力、「幻想殺し(イマジンブレイカー)」のみです。

最強の超能力者であれ、魔術師であれ、その力を駆使して自分の身を省みず戦う当麻はまさに主人公そのものであり、少年漫画のような爽快感があります。

一度観始めたら止まらない!「とある魔術の禁書目録」を今から観てみる

「とある魔術の禁書目録」は2008年に1期が全24話で、2010年に2期が全24話で放送されました。

現在であれば、レンタルDVDのほか、バンダイチャンネルやニコニコチャンネルなどの配信サービスで観ることができます。また、2018年に第3期の放映も予定されています。(2017年10月現在)

幻想を殺す上条当麻と、魔術世界の少女インデックスの物語を観てみてはいかがでしょうか。

とあるシリーズ作品情報