けものフレンズ(2017年)

けものフレンズは2017年に放送されたアニメなのですが、放送期間は僅か3ヵ月でした。アニメだけではなく、ラジオでも放送されていたのですが、ラジオは2017年9月現在でもまだ放送を行っています。あらすじはアニメがオリジナルになっているのです。

ジャパリパークが舞台

けものフレンズはジャパリパークという現実世界のサファリパークのようなところが舞台となっているアニメです。

このジャパリパークというところに住んでいるサーバルという人物が、記憶喪失の女の子を見つけます。この女の子が鞄を持っていたことから、かばんという名前を付けました。

このかばんがけものフレンズの主人公なのです。この出会いも見どころだと言えるでしょう。

自分を発見するためには、図書館に行くのがよいのではとサーバルにすすめられるのですが、出口のゲート付近で悲鳴を聞きます。この悲鳴の主はアードウルフというキャラクターの悲鳴だったのです。これが最初のあらすじとなっています。

仲間の力と工夫で困難を乗り切っていく

悲鳴を上げた原因は、セルリアンという敵が現れたからです。この敵は石が弱点なのですが、なかなか見つけられない状態が続きます。

そんな中でセルリアンの背中に石があることに気が付き、何とか勝利することができたのです。かばんはそののちにじゃんぐるちほーと呼ばれているところに向かおうとするのですが、ここでサーバルと合流してラッキービーストに会います。

その後ラッキービーストに案内をしてもらいながら探検をしていくのですが、ジャパリパスがあればもっと効率よく探検ができるということで、探し始めます。

その道中でいろいろなキャラクターと交流を行っていくという流れになっています。これからも冒険と戦い、交流を繰り返していくのです。

地方によっていろいろな登場人物が出てくる

これはけものフレンズに限ったことではなく、冒険を行っているアニメでは普通なのですが、いろいろな地方へ行くと、その地方独特のキャラクターがたくさん出てきます。これらのキャラクターと交流を繰り返すことも、このアニメの見どころなのです。