あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2011年)

アニメ作品らしからぬ叙情的な背景と丁寧に作られた物語、美しいロケーションなど魅力にあふれた作品です。主要な登場人物の人間関係や感情描写も秀逸な「あのはな」をご紹介します。

幼馴染で作ったグループ、事件は起こった

仲良しの小学生6人組は「超平和バスターズ」なるグループでいつも遊んでいました。そのメンバーの一人であるヒロイン「めんま」が水難事故でなくなってしまいます。

そのままグループは消滅し、高校生になったかつてのリーダー、主人公「じんたん」の前にめんまが霊となって現れるのです。

それぞれの思い、感情が交錯する

めんまの霊の出現によりグループは再結成されます、6人のそれぞれの思い、人間関係が描かれていく中で友達同士の複雑な感情や嫉妬、後悔といったリリカルな側面が明かされていきます。

成績優秀な「ゆきあつ」冷静沈着な「つるこ」ヒロインめんまの事故の一件で罪の意識を抱えてしまった「ぽっぽ」自身の発言が事故の一端になってしまった「あなる」メンバーそれぞれが、ふたたびあらわれためんまの死と向き合っていきます。

めんまの願いをかなえるため…

霊となって現れためんまでしたが、自分が何の願いがあってあらわれたかを忘れています、また本人の記憶も死亡時で止まっているという設定です、その他のめんまの霊の描写や設定も丁寧でこの作品の見どころにもなっています。

生前のめんまにした失言を深く後悔している主人公じんたんの一本気な性格で霊となっためんまの願いを叶えようと奔走する姿、かつての仲間が再び絆を取り戻すまでの再生のストーリーと、多面的な要素を含んだ秀作です。

個性的な、でもどこにでもいるような…

見ている誰もが感情移入しやすいストーリー、キャラクターがこの作品の特徴です。幼なじみ、懐かしさ、青春というキーワードに霊という非日常がうまくマッチし、親しみやすい欠点も併せ持った各キャラが物語の中で成長していく姿が描かれています。本作品は実写、小説、劇場版等もあり、Blu-rayの売り上げも記録的なものとなりました。